東北大学基金に関する参考情報

乗馬部の活動は乗用馬を入手して調教し、また毎年新入部員を迎えてわずか2~3年で学生馬術大会に出場できる選手を輩出していかねばならないという宿命を背負っています。乗馬部員の多くは入部して初めて馬に触り、馬に騎乗して乗馬訓練や馬の養育、調教、部の運営等々学業の一環とはいえ実に多くのことを馬を通じて学びながら社会に巣立っていきます。貴重な経験のできる道場である乗馬部が長く存続することを願って、会員から乗馬部への財政的な支援は今まで二通りルートがありました。

①杜鞍会会費からの一部を拠出する支援

②乗馬部に直接金銭または物品を寄付する支援

新たな第三の支援ルートとして「東北大学基金を通じた乗馬部への寄付」をご紹介します。是非ともご活用をお願いいたします。

 

参考情報1
東北大学基金のホームページ
基金を通じた乗馬部への寄付の仕組みが理解できます。

 

参考情報2

「杜鞍会会員による東北大学基金(特定基金)を活用した乗馬部支援についての覚書」

については、本ウェブサイトの資料庫(パスワードが必要です)をご覧ください。

 

参考資料3

杜鞍会会員が東北大学基金の特定基金を活用して乗馬部への寄付をする方法は次の二通りがあります。

①基金事務局から「東北大学基金のご案内」を取り寄せて払込取扱票にて行う。
②参考情報1のホームページから直接寄付を行う。クレジットカードを利用するとその場で寄付を完結することも可能です。

(注1)①,②とも乗馬部に用途を限定するため寄付の目的記載欄に「学友会乗馬部への 

    支援」と明記する必要があります。
(注2)寄付はある程度まとまった金額を一度だけ(例:遺贈寄付)あるいは毎年一定額を

    継続的に行うことが出来ます。

(注3)基金事務局が寄付金の入金を確認すると寄付者宛てに基金担当の理事名で寄付金領

    収証明書が送付されます。確定申告で税制優遇措置を受けられます。

 

参考情報4

文部科学省ホームページ「寄付金関係の税制について」に東北大学基金を通じて乗馬部へ寄付した場合の税制上の優遇措置の仕組みが紹介されています。

税額控除の目安は、例えば寄付金が1万円の場合は32%、10万円の場合は39.2%になります。もちろん、所得に対する課税額の範囲内です。なお、仙台市等の方はさらに地方税の控除があります。

 

2020年5月20日

本年度の総会を期日未定で延期します

4月25日に予定しておりました総会は、コロナ問題に鑑み、延期いたします。日程については改めて調整をいたします。

2020年3月13日

総会は4月25日に開催します

令和2年度の総会は4月25日(土)に仙台にて開催されます。同時に、中野杯、新歓も開催されます。詳細に関しては改めてご案内をいたします。

2020年2月16日

訃報

鶴岡啓子さん(昭和52年卒)は1月21日に永眠されました。

謹んで哀悼の意を表します。

葬儀は故人の強い希望により近い親族による家族葬にて執り行われます。

2020年1月23日

 

追い出しコンパのご報告

1月11日に国分町の寶山で令和2年卒部生の追い出しコンパが開催されました。今回の卒部生は2名です。4年間ご苦労様でした。当分は仙台におられると推察しますが、これからも乗馬部を心にとめて社会に大きく羽ばたいてください。

詳しくは乗馬部ブログやツイッターをご覧ください。

2020年1月12日